被災地のほんとうの声

私が登録をしているSNSからの転記です。

本当に切羽詰ったところ、置き去りにされている小さな被災地を一所懸命に支えている被災者の皆様がいます。
是非、ボランティアで協力したいと思われる方はこの辺を踏まえた行動をお願いします。
何の為のボランティアか、本質を忘れたくありませんね。

 *—————————–*土虫さんの日記より。
私は、文章など余り書いた事がないので、読みずらいとおもいます。
お許しをお願いします。

私は宮城県北部の津波にやられた被災地のすぐソバに住んでます。
海から20kmくらいのところです。

私は、岩手の今被災地の県境から、この地に婿になってきて38年経ちます。
今回の震災で、実の姉を亡くし、兄は行方不明です。
その子供たちも3人行方不明で、生きてるのは二人だけです。

私の集落の農家やその他の人たちも、時間の許す限りグループをつくって、被災地の支援に行っています。
保存してた農作物と味噌を持っていって、現地で味噌汁を作ってあげたり、近所で出し合ったお金で必要なものを買って行ってあげています。
毎日、地獄のようなところを通って避難してる人たちのところへいってます。

テレビでは、大きい避難所ばかりうつしてます。
私たちの行く先は、もっと小さな寄り集まりのところが多いです。
大きな避難所に入った人たちはまだ幸せです。
物資も一杯あります。ボラントアの人たちが一杯ウロウロしてますが、私たちが本当に助けなければいけない小さな避難所には、誰も来ません。近隣の集落の人たちがそういう小さなところへ支援に行ってるのです。
私たちも、できる限りおにぎりや漬物も届けてますが、小さな場所は余り多くて、行けるのは数箇所づつになります。

困ってる小さな集落の避難所は、悲惨です。
だから、ボランティアを街場に行って呼びかけてます。

政府だかどこかだかしらねども、大きなボランティアは途中で見つけた小さな避難者の集落場所へ物資を分けてほしいとおねがしても、計画的に配ってるので、出来ないと断られます。
あのたくさんの物資は、被災した人みんなへ善意の贈り物なんではないのでしょうか?
あの人たちのものではないでしょうと思うけど、くれません。
この間は、二日間、のまずくわずの集落の一部に集まってる人たちを見つけましたが、あいにく私らも、もう配り終わって、何もないので、大きな避難所を管理し照るボラントアの責任者に頼んだんですが、そこは管轄してないので、そっちでやってくださいと冷たい応答でした。

私たちはおかしいと思うのです。
私たちはこうして活動してるのですが、全部自分たちで持ち寄ったものです。全国から集められた物資は、あの団体の人たちしか管理できないんですか?

今日は雪が降って寒いです。
何箇所かへ、蔵から火鉢を見つけたりしたものをみなで集めてて炭と一緒に届けました。七輪と練炭も届けました。100円ライターも届けました。

自衛隊は、さすがです。
私は軍隊の自衛隊は嫌いでしたが、今回のことで、その考えが間違ってると思いました。私の姉や親戚の遺体も見つけてくれました。
道路もあっという間に片付けてくれます。
何回か集落への道を瓦礫を片付けて、通してくれるように頼み、やってもらいました。感謝しています。

みなさん、まだテレビでやってるとこはましなんです。
もっと小さいとこでは、食べ物も着る物も足りないし、ボラントアの人の手も借りたいのです。
分かって下さい。
  *———————————–*
そして、こうも言っています。
「ボラントアの登録は、各地の社会福祉協議会へお願いします。地元の人で作るので、小さいところも、土地勘もありますから、みなの力で一気にできるといってました。
私らも、明日みなで相談してからですが、来週そうした地元の社会福祉協議会へ登録して活動しようということになりました。
それと、せっかくですが、私らのところばかりじゃあないので、
私らのところを明かして支援を私らのところでだけ受けるのは心苦しいです。
事情はみな同じだと思うので、それぞれの皆様の判断で、各地域の社会福祉協議会へ連絡を取ってみていただけますか?

地元の社会福祉協議会はボラントアに来たいという人も
決して迷惑だなんていわないと思います。
ありがたいです。
避難者は、一日パン一個とおにぎりぐらいじゃあ、動けないし働けないです。
元気な人の人手が必要です。
今、岩手から福島まで、役場がなくなったところでも、
社会福祉協議会のボラントアセンターが出来たそうです。
そこへ送ってもらうのが一番いいそうです。
それか、市役所とか役場が残ってるところへは、
直接送ってもらうってもいいそうです。

ただ、大きなボラントア団体へはダメです。
あそこで登録した人には罪はないですが、物資と人と義援金を抱えて、大きいところで投網にかけるような効率ばかり考えてやってます。

あれでは、小さいところや、東北人気質で、自分から頼めない人たちは、何にもしてもらえません。
テレビにばかり映って、自分たちが一番だという顔をしてます。よろしくお願いします。」

2 Comments

  1. manabu suzuki
    Posted 2011/03/31 at 12:20 | Permalink

    はじめまして コメント読ませていただきました
    実は当方神奈川で製造業をしておりまして
    名取市にその工場もあります
    そのため 数回便があり 震災後3度行って、今週末も
    行く予定です(物資を乗せて)  ぜひそのような
    避難者にお持ちしたいと思っています

    もしよろしければ 場所等の情報を頂けないでしょうか?

    よろしくお願い致します

    株式会社スズキ紙工
    鈴木 学
    090-4939-3559

  2. Sachie
    Posted 2011/03/31 at 15:50 | Permalink

    鈴木様
    コメントをありがとうございます。
    この土虫さんの日記にも書かれていますように、自分のところへ支援が集中することを心苦しく思うと・・・・広い心をもってもあえてご自分の住所を明記しません。

    そして、各地域の社会福祉協議会もしくは市区町村へお願いします、とのことです。

    行かれるのでしたら、その辺をふまえ小さな社協にご連絡していただいて情報を得て頂きますようお願い致します。

    参考になるでしょうか?
    >PS:岩手・三陸のリアス式海岸の小さな村落には、我々の廻っている所以上に厳しい状況の避難者がいるようです。
    >どうぞ、皆様のご支援をそういう方たちのところへもお願いいたします。

    どうぞ、事故のなきよう気をつけてお出かけくださいますように。

top | Original design by John Oxton | Illustration by Denis Radenkovic | This design is released under a Creative Commons licence