牡蠣のオリーブオイル漬

材料

剝き牡蠣  500g

エクストラバージンオリーブオイル 200cc位

*ソミュール液用 *水  500cc

*塩30g

*三温糖30g

*潰しにんにく 2片

*胡椒 少々

*ローリエ 5枚

*好みでタイム小匙1

燻製材  さくらウッド

作り方

1 ソミュール液用の材料*印を全て鍋に入れで火にかけ、沸騰したら火を消し荒熱をとっておく。

2 鍋に湯を沸かし、沸騰したら水を切った剝き牡蠣を入れる。

3 更に沸騰したら、弱火にして5~6分茹でる。時々、灰汁を取り除く。(牡蠣が小さい時はもう少し時短する)

茹った牡蠣をザルにとり、冷ましておく。茹で汁は美味しいので捨てず取り置き何かに利用する。

4 の牡蠣をに3時間以上漬けておく。(冷蔵庫にいれておくとよい)

5 の牡蠣をを取り出しキッチンペーパーなどで水気をしっかり拭きとり、軽く乾かす。

6 5を中、低温で1時間位さくらウッドでスモークする。好みでローズマリーの枝を乗せでもよい。

途中、牡蠣を裏返す。

7 保存用の瓶に6を詰めてオリーブオイルを牡蠣が被るまで注ぎ入れ蓋をする。

数日経ってから食べると美味しい。

------ひとこと------

・牡蠣の茹で汁を煮詰めるとオイスターソースになります。

・牡蠣の茹で汁に野菜等を入れて鍋仕立てにしたり、スープにしたり、美味しい出汁がたっぷりです。

・牡蠣を漬けたオイルも色々と利用できます。ドレッシング等は最高ですよ。

 

 

ティラミス

ティラミス 

材料

マスカルポーネ   250g・・・常温に戻す

卵黄          2個分

生クリーム       200cc (又は卵白2個分)

砂糖          40g

サボイアルディ    12本(レディーフィンガー)
 

エスプレッソ    150cc(濃いめに入れ冷ましておく)

リキュール     50cc(アマレットorラム酒など)

ココア        適量

作り方

1  卵黄とマスカルポーネをゴムベラでよく擦り混ぜる。

2  生クリームを8-9分位にホイップする。(又は卵白をしっかり泡立てる)

  に3回に分けて混ぜベースのクリームを作る。

4  エスプレッソにリキュールを加える。

5  3を器に薄く敷き、サボイアルディをエスプレッソに浸しながらその上に6本並べていく。

6  5の上にのベースクリームの半分を乗せさらにを繰り返し残りのクリームを乗せて半日以上冷蔵庫で冷やし寝かせる。

   供する時にココアを振りかける。取り分けてから振りかけても良い。

 

ーーーーーーーひとことーーーーーー

*ココアは食べる前に掛けた方が香りが良いです。

*イチゴやバナナなど果物を添えるとよる素敵になります。

*生クリームを使っても卵白でやっても見た目はほとんど変わりませんが、カロリーやリッチさが違いますね。

リンゴのケーキ

材料                      img_20161204_1820161

★リンゴ   5-6個 (750g位)

★バター  100g(無塩)

★砂糖   100g

生地  バター  100g

砂糖   80g

卵     3個

薄力粉  230g

ベーキングパウダー 5g

作り方

1  リンゴの皮をむき、4つ切りにして8mm位の厚さに切る。

  ★印を鍋に入れて中火にかける。img_20161204_1355201

3  水が出てよく煮えたらリンゴを半分ほど取り出し、残りを煮詰めて軽く焦がしよけていたリンゴを鍋に戻す。

柔らかいリンゴを取り出すと煮崩れずにすむ。

荒熱をとり冷ましておく。

img_20161204_1403231img_20161204_1428561

4  生地を作る。

バターを柔らかくしておき、白っぽくなるまでホイップさせて砂糖を2-3回に分けて入れよく混ぜる。img_20161204_1514181

5  卵を1つづつに入れしっかりと混ぜ卵を入れる度にしっかり混ぜる。img_20161204_1515381

分離が心配な人は卵を溶いてから入れると良い。

6  粉とベーキングパウダーを一緒にふるいにかけてに入れ、さっと混ぜ粉が少し残っていて良い。img_20161204_1522011

7  6を加えさっと混ぜ型に入れ表面を平らに整える。

1度台にトンと軽く落としておく。img_20161204_1525431img_20161204_1528331

8  180°Cに温めたオーブンにを入れ45分焼き、上にシートを被せ160°Cで20分位焼く。

串を指して生地が付かなければOK.5分位オーブンの中に置いてから取り出し、網に置いて冷ます。img_20161204_1652051

9  冷めたら粉糖をふりかけ、ミントの葉を飾る。。img_20161204_1819591

ーーーーーーーーーーひとことーーーーーーーーーーー

*リンゴ煮て色を付ける時、もっと焦がし気味にして水分を飛ばすほうが良い。今回は色が薄く水分も多かった。