バナナブレッド

 バナナブレッド
 よく熟れて皮が黒くなったバナナを使います。
          

材料

ブラウンシュガー  250g
  バナナ        2本
  塩          3g
  サラダ油      150g
  卵          2個
  薄力粉       115g
  強力粉       115g
  重曹         5g
  ベーキングパウダー 4,5g
  牛乳        150CC  

作り方

1:砂糖とフォークで潰したバナナを良く混ぜ、塩とサラダ油を加えて更に良く混ぜる。
2:卵を1個づつ1に加えて混ぜる。
3:2種の粉と重曹、Bパウダーを振るって2にゆっくり混ぜる。
4:牛乳を加えてサックリ滑らかに混ぜ、パウンド型に流し込む。
5:190℃に温めておいたオーブンに入れ、40~45分焼く。
OP.クルミ、チョコを生地に混ぜても良い。

ひとこと

・バナナを数日間置いておくとスィートスポットと呼ばれる美味しい印が現れます。バナナブレッドを作るにはもう少し置いて黒い皮になってから使います。

バナナを買ってもすぐに作れないのが玉にキズ。
・甘すぎず、程よい懐かしいような味です。病み付きになること請け合い!
 ・このバナナブレッドはとても後引くんですよ。別腹なんですね。
 ・皮が黒くなったら皮をむいてラップして冷凍をしておくと、作りたいときに戻して作れます。
この記事を評価する

スムールのケーキ・苺ソース添え

 スムールのケーキ・苺ソース添え
ババロアみたいなデザートです。
            スムールケーキ

材料

 
 ・牛乳       500cc     
 ・スムール(セモリナ粉)125g  
 ・砂糖       200g      
 ・アマプードル   50g
 ・卵白       4個分      
 ・塩       ひとつまみ
 ・苺       350g
 ・シロップ用砂糖 150g 
 ・レモン汁 S1

作り方

  鍋で牛乳を沸騰させ(弱火で)セモリナ粉をパラパラと入れ、しばらくかきまぜながら20分位煮る。  
  更に砂糖200gと塩一つまみ入れて5分煮る。
 2  卵白でメレンゲを作る。
 3  が熱いうちにアーモンドプードルを混ぜてから、メレンゲを切るように混ぜ合わせる。ぬらした型に3を注ぎ込みそのまま冷ます。
  4  苺を洗って飾り用にいくつか取り、残りを潰して砂糖とレモン汁を加え、3分煮て冷ますと苺ソースになる。 
          苺をつぶす  
 5  温かみの少し残ったスムールのケーキを型から出し、苺を飾って、冷えた苺ソースをかける。

ひとこと

 ・セモリナ粉の煮る(練る)時間が足りないと、粉臭さが残るので手抜きは禁物です。
 ・型から出すのにちょっとコツがいるようです。シートを敷くといいかも。
 ・シロップの砂糖が多いようですが、苺に酸味があるのでそれほどでもありません。
 ・牛乳臭さは微塵もありません。牛乳ベースなのに不思議でしょ。アマプードルが入っているせいかしら?
この記事を評価する

チョコレートケーキ・バルタザール風

Balthazar(チョコレートケーキ)
              チョコレートケーキ・バルタザール

材料

   生地用
 ダークチョコレート150g    コーティング用
 バター      35g     チョコレート   150g
 卵        3個     バター      30g
 グラニュー糖   75g     ラム酒      L2
 薄力粉      50g     水        L2
 ラム酒      L1       クレームシャンティ
 ドライイースト  S1     生クリーム    250g
                 粉砂糖      40g   

作り方

  1. 荒削りにしたチョコレートとバターを湯煎にかけて滑らかなクリームにする。(高温にならないように気をつける)
    チョコを湯煎にかける
  2. ボウルに卵黄3個分を入れ白っぽくなるまで混ぜ、砂糖を少しづつ加えてよく練り、振るった薄力粉をさっと混ぜる。
  3. 1のチョコクリーム、ラム酒、ドライイーストを加えて混ぜる。
  4. 卵白で固いメレンゲを作る。
  5. メレンゲを3に1/3位入れよく混ぜてから残りのメレンゲをそっと混ぜ生地を作る。
  6. リング型にバターをたっぷりと塗り生地を流し込み、220℃のオーブンで10分、180℃で8分焼く。
  7. オーブンから出して冷まして皿に乗せる。
  8. コーティングのチョコレートクリームを作る。チョコとバターを弱火の湯煎で溶かし、水を2回に分けて加えよく混ぜ、ラム酒も加え柔らかいうちにケーキにかける。
  9. 生クリームをホイップして真ん中に絞る。

ひとこと

  • 不思議にドライイーストを入れてすぐに焼いても全然問題ないし、ふっくらサッパリの生地のケーキになっています。
  • チョコレートの扱いは温度がとても大切。湯煎の時弱火でしましょう。
  • うっかり高温になってしまったら、そのままそっと置いておき、温いくらいまで温度が下がってから混ぜた方が良いです。
  • 試しに、クルクル闇雲に混ぜてみてください(笑)。どうですか?ツヤのないごそごそした変わったチョコもどきになりましたか?
  • コーティング用のチョコクリームはケーキが冷めてきてから作りましょう。かけるタイミングを計ります。
  • クレームシャンティの白に丸いチョコチップを散らしたら、水玉模様で可愛い感じです。